Natsu Katayama's webpage

Education and experience

Research interests

Publications

Presentations

Awards

Outreach activity

Drosophila research

Contact

Natsu KATAYAMA (Ph.D.)

日本学術振興会 特別研究員(PD、受入研究者:今市涼子教授)

日本女子大学 理学部 物質生物科学科 植物形態学研究室 学術研究員

日本植物学会・日本植物分類学会・日本進化学会・日本植物形態学会

 

Education and experience

April 2013 to present: Research Fellowships (PD) of Japan Society for the Promotion of Science for Young Scientists. Postdoc host: Dr. Ryoko Imaichi (Japan Women's University).

April 2012 to March 2013: Postdoctoral research, Kanazawa University, Japan, Postdoc host: Dr. Toshihiro Yamada, and Lund University, Sweden, Postdoc host: Dr. Jostein Kjaerandsen.

April 2009 to March 2012: Ph.D. in Science. Division of Life Sciences, Graduate School of Natural Science and Technology, Kanazawa University, Japan. Supervisor: Dr. Toshihiro Yamada. Research Fellowships (DC1) of Japan Society for the Promotion of Science for Young Scientists.

April 2007 to March 2009: MSc. Department of Biological Sciences, Graduate School of Science, The University of Tokyo. Japan. Supervisor: Dr. Masahiro Kato.

April 2003 to March 2007: BSc. College of Biological Sciences, University of Tsukuba, Japan.

 

Research interests

Evolution and speciation in flowering plants, especially in the river weeds Podostemaceae.

模式図

 

Podostemaceae in nature.

 

Publications

Peer-reviewed publications

Natsu KATAYAMA, Masahiro KATO, and Ryoko IMAICHI (2016) Habitat specificity enhances genetic differentiation in two species of aquatic Podostemaceae in Japan. American Journal of Botany. Vol. 103, pp. 317-324. DOI: 10.3732/ajb.1500385.

Masahiro Kato, Satoshi Koi, Chie Tsutsumi, Natsu KATAYAMA (2015) A new crustose species of Zeylanidium (Podostemaceae) from Kerala, India. Rheedea. Vol. 25, pp.156–158.

Natsu KATAYAMA, Jessica K. ABBOTT, Jostein KJÆRANDSEN, Yuma TAKAHASHI, and Erik I. SVENSSON (2014) Sexual selection on wing interference patterns in Drosophila melanogaster. Proceedings of the National Academy of the United States of America. Vol. 111, pp.15144–15148. DOI: 10.1073/pnas.1407595111

Natsu KATAYAMA, Masahiro KATO, and Toshihiro YAMADA (2013) Origin and development of the cryptic shoot meristem in Zeylanidium lichenoides (Podostemaceae). American Journal of Botany. Vol. 100, pp.635-646. DOI: 10.3732/ajb.1200571.

Natsu KATAYAMA, Masahiro KATO, Takumi NISHIUCHI, and Toshihiro YAMADA (2011) Comparative anatomy of embryogenesis in three species of Podostemaceae and evolution of the loss of embryonic shoot and root meristems. Evolution & Development. Vol. 13, pp. 333-342. DOI: 10.1111/j.1525-142X.2011.00488.x.

Natsu KATAYAMA*, Satoshi KOI*, and Masahiro KATO (2010). Expression of SHOOT MERISTEMLESS, WUSCHEL, and ASYMMETRIC LEAVES1 homologs in the shoots of Podostemaceae: implications for the evolution of novel shoot organogenesis. Plant Cell Vol. 22, pp. 2131-2140. DOI: 10.1105/tpc.109.073189.
–*these authors contributed equally.
–This paper was picked up in the IN BRIEF section of this Issue.
N.A. Eckardt and D. Baum "The Podostemad Puzzle: The Evolution of Unusual Morphology in the Podostemaceae"

Natsu KATAYAMA, Satoshi KOI and Masahiro KATO. (2008). Developmental anatomy of the reproductive shoot in Hydrobryum japonicum (Podostemaceae). Journal of Plant Research Vol. 121, pp. 417-424. DOI: 10.1007/s10265-008-0171-y.

Review papers (Japanese with English summary)

片山なつ (2016)Diversification of aquatic angiosperms Podotemaceae. 水生被子植物カワゴケソウ科の多様化とその要因. 植物科学の最前線(BSJ review)Vol. 7 pp. 279–287.

片山なつ (2012) Adaptation to fast-flowing rivers: Loss of vertical body plan in Podostemaceae. 激流環境への適応:カワゴケソウ科における鉛直軸ボディプランの喪失. Plant Morphology. Vol. 24 pp. 45–49.

厚井聡、片山なつ (2012) Gene expression analysis on enigmatic shoots in Podostemaceae. カワゴケソウ科の特異なシュートの遺伝子発現解析. Plant Morphology. Vol. 24 pp. 73–84.

 

Books

Satoshi KOI and Natsu KATAYAMA (2013) Gene expression Analysis of Aquatic Angiosperms Podostemaceae to Gain Insight into the Evolution of Their Enigmatic Morphology. In: I. De Smet (Ed.) Plant Organogenesis: Methods and Protocols. Series: Methods in Molecular Biology. Vol. 959 pp. 83–95. Springer. DOI: 10.1007/978-1-62703-221-6_5

高橋佑磨・片山なつ(2014)「伝わるデザインの基本 よい資料を作るためのレイアウトのルール」技術評論社

高橋佑磨・片山なつ(2016)「伝わるデザインの基本 増補改訂版 よい資料を作るためのレイアウトのルール」技術評論社

 

Presentations

International congress

Invited talk

Natsu KATAYAMA. "Morphological misfits in Podostemaceae: Evolution of stem-leaf mixed organs" Mini-symposium "Morphological misfits" Zurich Switzerland, December 2012

Poster Presentations

Natsu KATAYAMA, Satoshi KOI and Masahiro KATO. "The evolution of unusual shoot organogenesis in Podostemaceae" XVIII International Botanical Congress, Melbourne Australia, July 2011

Natsu KATAYAMA, Masahiro KATO and Toshihiro YAMADA. "Development and origin of novel embryonic shoot meristem in Podostemaceae" East Asian Botany: International Symposium 2011, Tsukuba Japan, March 2011

Natsu KATAYAMA, Satoshi KOI and Masahiro KATO, "Flower development in Hydrobryum japonicum " , XVIII AETFAT Congress, Younde, February-March 2007.

国内学会(Congress in Japan)

受賞講演

第10回日本植物学会賞 若手奨励賞受賞講演「水平ボディプランをもつカワゴケソウ科の進化形態学的研究」日本植物学会第77回(札幌)2013年9月

シンポジウム講演

片山なつ, 西山智明,厚井聡,倉田哲也,山田敏弘,今市涼子,加藤雅啓.「網羅的遺伝子配列で明らかにする水生植物カワゴケソウ科多様化の鍵」日本植物学会第79回大会 公募シンポジウム「ポストゲノム時代の植物進化研究」(オーガナイザー:豊倉浩一,市橋泰範)(新潟)2015年9月

片山なつ, 厚井聡,山田敏弘,加藤雅啓.「植物体の扁平化:カワゴケソウ科の進化発生学」第53回日本植物生理学会 公募シンポジウム「器官が扁平になるとき:その基本メカニズムとエボデボ」(オーガナイザー:山口貴大,塚谷裕一)(京都)2012年3月

片山なつ,厚井 聡,加藤雅啓,山田敏弘.「激流環境への適応:カワゴケソウ科における扁平なボディプランの進化」日本植物学会第74回大会 公募シンポジウム「おかしな形はかしこい形?―環境に合わせた植物形態の進化―」(オーガナイザー:堤 千絵,山田敏弘.共催:日本植物形態学会)(東京)2011年9月

口頭発表

田中理恵,片山なつ,今市涼子.「茎頂分裂組織をもたないカワゴケソウ科の特異な分枝様式と進化」日本植物分類学会第16回大会(京都)2017年3月

片山なつ,西山智明,厚井 聡,倉田哲也,今市涼子,加藤雅啓.「珍奇な水生植物カワゴケソウ科における分子進化速度の上昇」日本進化学会第17回大会(東京)2015年8月

片山なつ,西山智明,厚井 聡,倉田哲也,今市涼子,加藤雅啓.「カワゴケソウ科における分子進化速度の上昇と進化可能性」日本植物学会第78回大会(神奈川)2014年9月

片山なつ,西山智明,厚井 聡,倉田哲也,山田敏弘,今市涼子,加藤雅啓.「カワゴケソウ科の劇的な形態進化を引き起こした遺伝子進化」日本植物学会第77回大会(札幌)2013年9月

片山なつ,加藤雅啓,山田敏弘.「水生被子植物カワゴケソウ科におけるcryptic SAMの始原と発生」日本植物学会第76回大会(姫路)2012年9月

片山なつ,加藤雅啓,山田敏弘.「カワゴケソウ科の胚発生における茎頂分裂組織と根端分裂組織の喪失」日本植物学会第74回大会(春日井)2010年9月

片山なつ,加藤雅啓,山田敏弘.「カワゴケソウ科の胚発生における垂直軸のボディプランの喪失」日本植物分類学会第9回大会(愛知)2010年3月

片山なつ,厚井 聡,加藤雅啓.「カワゴロモ(カワゴケソウ科)のシュートにおける特異な遺伝子発現パターン」日本植物学会第73回大会(山形)2009年9月

片山なつ,厚井 聡,加藤雅啓.「カワゴケソウ科カワゴロモの生殖シュート形成における遺伝子発現」日本植物学会第72回大会(高知)2008年9月

片山なつ,厚井 聡,加藤雅啓.「渓流沿い被子植物カワゴケソウ科カワゴロモの生殖シュート発生過程の解明」日本植物学会第71回大会(野田)2007年9月

ポスター発表

片山なつ,加藤雅啓,今市涼子.「日本におけるカワゴケソウ科植物の生育適地の分布と遺伝的分化」日本植物分類学会第14回大会(福島)2015年3月

片山なつ,西山智明,厚井 聡,倉田哲也,今市涼子,加藤雅啓.「分子進化速度の上昇による劇的な形態進化の可能性」日本進化学会第16回大阪大会 2014年8月

片山なつ,加藤雅啓,今市涼子.「河川急流域に局所的に生育するカワゴケソウ科植物の遺伝構造」日本植物分類学会第13回大会(熊本)2014年3月

片山なつ,厚井 聡, 加藤雅啓.「茎頂分裂組織がないカワゴケソウ科植物のシュートにおける発生と進化」第11回日本進化学会大会(札幌)2009年8月

 

Awards

第10回日本植物学会賞 若手奨励賞「水平ボディプランをもつカワゴケソウ科の進化形態学的研究」(2013)

日本植物形態学会 平瀬賞(2011)

 

Outreach activity

日本植物学会HP 研究トピックス 第8回「カワゴケソウ科から探る植物の形態進化」(2011)

伝わるデザイン|研究発表のユニバーサルデザイン(2010~)

片山なつ・高橋佑磨.「伝わるプレゼン:研究発表のためのスライドレイアウト術」金沢大学イノベーション若手人材養成オフィス主催 伝わるプレゼンセミナー(2013年10月)

片山なつ・高橋佑磨.「デザインの法則と小技:伝わりやすいプレゼン資料や申請書の作り方」金沢大学イノベーション若手人材養成オフィス主催 伝わるプレゼンセミナー(2014年6月)

片山なつ・高橋佑磨.「研究発表のデザイン―効果的な伝え方・見せ方―」岩手大学男女共同参画推進室主催 若手女性研究者の研究力向上支援セミナー(2014年7月)

片山なつ・高橋佑磨.「研究活動に役立つデザインの基本―伝わるプレゼン資料や申請書の作り方―」群馬大学男女共同参画推進室 平成26年度研究力アップ講座(2014年11月)

片山なつ・高橋佑磨.研究発表のためのデザインの基本.LPixel 主催・Adobe協賛 伝わる研究発表セミナー(2015年4月)

ライフサイエンス研究者向け論文紹介スライドまとめプラットフォーム「ゼミログ」内ページ
絶対に押さえたい!! スライド作成5つのコツ」(2014年12月)

片山なつ・高橋佑磨.「デザインの法則と小技:伝わりやすいプレゼン資料や申請書の作り方」金沢大学イノベーション若手人材養成オフィス主催 伝わるプレゼンセミナー(2015年6月)

片山なつ・高橋佑磨.「研究発表に役立つ!! 伝わるプレゼン資料作成の基本」日本女子大学 理学部セミナー(2015年9月)

片山なつ・高橋佑磨.研究発表資料の作成におけるデザインスキル.金沢大学G Sプログラム 産学連携イノベーション人材養成コース(2016年9月)(講演+実習)

高橋佑磨・片山なつ.伝わるデザイン プレゼン資料・イベントポスター作成講習会. 東京大学柏図書館特別セミナー(2017年1月)(講演+実習)

 

Drosophila research

I have stayed in Lund University Museum from June 2012 to February 2013 and worked as a postdoc to reveal the biological roles of wing interference patterns (wing coloration caused by thin film interference) in D. melanogaster. The paper was published in November 2014.

Natsu KATAYAMA, Jessica K. ABBOTT, Jostein KJÆRANDSEN, Yuma TAKAHASHI, and Erik I. SVENSSON (2014) Sexual selection on wing interference patterns in Drosophila melanogaster. Proceedings of the National Academy of the United States of America. Vol. 111, pp.15144–15148. Doi: 10.1073/pnas.1407595111

 

Contact

nkatayama[at]fc.jwu.ac.jp

 

inserted by FC2 system